2018.04.13

【レポート】アルフレックス×RED U-35「モダンインテリアで楽しむ杉本スタイル」を開催しました

初年度(2013年度)グランプリ杉本敬三シェフによる一夜限りのイベントをアルフレックスジャパンと開催。
アルフレックス東京のモダンなインテリア空間で、杉本シェフによる20種類以上のお料理とシェフセレクトの上質なワインを楽しみながらトークショーやライブキッチンを行いました。

▼開催日

2018年3月14日(水)18:30~20:00 (18:00開場)

▼開場

18:00開場と同時にお客様入店。キッチン前のテーブルに華やかに飾られたアミューズに注目が集まります。
トークイベントまでの時間は、ウェルカムドリンク片手に、店内のソファや椅子に座りながらお客様同士でお話されていました。

▼トークイベント

トークイベントでは、アルフレックス柏木氏より、杉本シェフのこれまでの経歴や、料理人になったきっかけや、料理に対する思いなど、さまざまな角度で杉本シェフにインタビュー。

8歳の頃からレストランの厨房で料理人の仕事を見学したり、
高校生ながらにして、1日限りのレストランを定期的に開催したりと
料理一直線だった杉本シェフのお話は、お客様も興味津々でした。

▼ライブクッキング

 

 

トークショーが終わるとメインキッチンに移動して
杉本シェフによるライブクッキングと、暖かいお料理のおもてなしです。
ライブクッキングで披露されたお料理は
「海の幸のバタしゃぶ、たっぷりとキャビアを乗せて」

千葉県いすみ市の伊勢えびを良質なバターで贅沢にしゃぶしゃぶします。
あっという間にキッチン前は人だかりができ、
お客様は動画や写真を撮ったり、レシピを教わったり、
濃厚なバタしゃぶを堪能したりと、大変盛り上がりました。

ライブクッキングの様子はライブ中継され
アルフレックス店内に複数あるスクリーンでもその様子を見ることができます。
そのためキッチン周り以外の場所で
お客様同士でお話したり、椅子のすわり心地を楽しむ姿も多く見られ、
会場は盛り上がりながらも、自由でリラックスした空間となりました。

杉本シェフの豪華な料理は、お客様にも大変喜んでいただけた会となりました。

▼提供料理

 

 

*フランス、プロヴァンス産オリーブリュックのベーコン風味
*スコットランド産キングサーモンの自家製燻製
*丹波シメジのギリシャ風マリネ
*里芋のスープのいくら仕立て
*菊芋のムースリーヌ
*フォアグラのマカロン
*フォアグラプリン
*アスパラのスープ
*コンソメジュレ
*グリッシーニ
*ベーコンエピ
*クロワッサンロール
*チーズパン

*フランボワーズのマカロン
*チョコレートのマカロン
*イチゴのショートケーキ
*キャラメル風味の生チョコ
*アーモンドのキャラメルチョコ
*ヘーゼルナッツのキャラメルチョコ

*海の幸のバタしゃぶ、たっぷりとキャビアを乗せて

PROJECTパートナー

株式会社 アルフレックス ジャパン

活動情報一覧へ