2018.03.22

【審査通過者発表!】才能ある若手料理人と味覚糖が考える、『まったく新しいグルメキャンディ』開発プロジェクト Vol.2

才能ある若手料理人とUHA味覚糖が考える、新しいアイデアによるお菓子開発プロジェクト。日本国内のみならず、海外からも「CLUB RED メンバーズ」26名(計46作品)がエントリー。白熱の議論を経て選ばれた3名の若手料理人を紹介!

挑戦者の発想力が試された「グルメキャンディ」をテーマにした企画提案

才能ある若手料理人とUHA味覚糖が考える、新しいアイデアによるお菓子開発プロジェクト。ベースとなる商品テーマ「グルメキャンディ」において、日本国内のみならず、海外からも「CLUB RED メンバーズ」26名(計46作品)がエントリー。徹底的に食材の可能性を追求したモノ、名物料理との融合、そしてお菓子を通じた体験企画等々、型にはまらない発想豊かなアイデアが届きました!

エントリーが締め切られると、書類審査がスタートし、数名の商品企画を採用されました。それをもとに審査員が一堂に会する審査会が実施されました。

《審査員》

UHA味覚糖 代表取締役社長 山田泰正

UHA味覚糖 開発担当リーダー 面接官(4名)

RED U-35 総合プロデューサー/小山薫堂

夢と希望と熱気が詰まった審査会を経て3名の若手料理人が決定!

ぐるなび本社にて、UHA味覚糖の山田泰正代表取締役社長と商品開発担当リーダー、そして、RED U-35総合プロデューサー・小山薫堂氏による審査会を実施。一人ひとりの個性を見極める目は真剣そのもの。「お菓子業界」に新たな道を切り拓けるのか、キャンディに対して抱いている考え方、そしてアイディアの実現性・・・夢が詰まった未来の種を、丁寧に見極めます。

白熱の議論を経て選ばれたのは若手料理人3名!

《審査通過者》

五十嵐 創(中国料理 / 広味坊 千歳烏山本店)

野﨑 翠(イタリア料理 / Cast78)

山口 卓也(フランス料理 / ルヴェソンヴェール本郷)

常識を破る「新しいお菓子」を目指し、UHA味覚糖開発チームと共に試作品を開発!

見事審査を通過した若手料理人3名には、「UHA味覚糖 商品開発の権利」を授与。実現に向けてUHA味覚糖開発チームとともに、試作品を開発し、改良を重ね、商品の詳細を詰めながら、クラウドファンディングによる商品化のための資金調達のステップへと進むことになります。

中国料理、イタリア料理、フランス料理・・・各ジャンルの料理人が創造する、常識を破る「新しいお菓子」とはいったいどんな味覚なのか?

グルメキャンディのアイディアはたゆまぬ努力の結晶

趣向を凝らしたグルメキャンディのアイディアが並ぶなか、自身の料理に対するアイデンティティを軸にしたアイディアを提案した3名。審査員団からの鋭い質問に対しても、その提案に込めた信念とオリジナリティを丁寧に説明。日々の実践で培われた技術により、審査員から"実現性も高い"と評価されました。

これから3名の若手料理人に課せられるミッションは、「UHA味覚糖開発チームとの試作品開発」。たゆまぬ努力の結晶ともいうべきグルメキャンディのアイディアから、一体どのような商品が生まれるのか!?

クラウドファンディングスタートは本ウェブサイトにも情報を公開します!「CLUB REDメンバーズ」の奮闘に、今後もご期待ください!

●本プロジェクトに関するお問い合わせ先

UHA味覚糖×CLUB RED 商品開発プロジェクト事務局
e-mail:info@redu35.jp

活動情報一覧へ